天理教校

教えを学び、道を求める

TENRIKYOKO
since 1900

天理教校の校舎

本科実践課程

教義を修得し布教伝道の力を培う

天理教学を基礎から学びます。全寮制の寮生活の中で互いに切磋琢磨し、教理の修得と実践につとめながら、ぢば一条の信仰を身につけます。同時に布教実修・教会実修をとおして、たすけ一条の信仰信念を培います。

修了時に得られる資格
1年次修了 教人登録が可能
2年次修了 教会長資格検定の受験資格

特徴

講義内容

1年次では、原典の解釈と教典および教祖伝の講読をとおして、教理の基礎理解をすすめます。2年次では、演習形式によって、天理教学における様々なテーマを研究し、これからの信仰生活の核となるものを確認します。

講義の様子

三回の「布教実修」で布教力を養う

布教実修1では、布教の家を拠点とし、布教の基礎を学びます。2では、学生だけの布教生活をとおして一人で布教に歩く力を培います。3では、卒業後、布教の足場となる自教会などを拠点として布教に歩きます。

布教実修の様子

「教会実修」をとおして教会活動を学ぶ

約1カ月間の教会生活をとおして、実際の教会活動や地域における教会の役割を学ぶとともに、青年・女子青年としてのつとめ方を幅広く身につけます。実修は二回あり、それぞれ異なる教会に住み込みます。

教会実修の様子

カリキュラムの一部ご紹介

教祖伝

カリキュラム・教祖伝の様子

おふでさきに基づき、歴史的背景をふまえながら、教祖伝を読み深めます。先人の遺した史料をひもときつつ、ひながたの意味理解を広げます。

日本宗教史

日本宗教史の様子

明治期の宗教事情は、天理教史の背景として重要な意味を持ちます。近代社会の中で宗教がどのように人々に受け容れられたのか、思想史的な課題についても整理します。

天理教校寮

天理教校寮の建物

寮生活は、朝夕のおつとめを中心に、自主自律した信仰生活を身に付ける学びの場です。2年間、道を求める仲間と高め合い、それぞれの信仰心を深めます。

布教実修

布教実修の様子

布教実修を3回実施します。教祖の教えをいかに実社会に伝えていくのか。実際の布教の現場に身を置いて、自らの信仰と課題に向き合います。

教会実修

教会実修の様子

教会実修を2回実施します。教会の青年・女子青年としてつとめながら、実際の教会活動や地域における教会の役割を学び、神一条の信仰を培います。

講義科目

  • • おふでさき
  • • みかぐらうた
  • • おさしづ
  • • 教典
  • • 教祖伝
  • • 原典学演習
  • • 天理教学演習
  • • 伝道史
  • • 説教学
  • • 教会史
  • • 現代社会論
  • • 世界宗教史
  • • 布教演習
  • • おたすけ演習 ほか

実践科目

  • • おてふり
  • • なりもの
  • • 祭儀式
  • • 雅楽
  • • 月次祭実習 ほか

卒業生の声

天理教校・実践課程卒業生

おやさまの教えを深く学ぶことでにをいがけをするんだ!と心が燃えてきました。

立教181年3月 吉田 貴慶さん

学校で学ぶ教えを、布教実修や教会実修、寮生活の中で実践する。その繰り返しをとおして、教えを深く勉強することの意味がわかり、にをいがけ・おたすけへの大きな意欲が湧いてきました。ひとりの信仰者として生きる力をつけることができました。これからは、地元での布教に力を入れていきたいと思います。