天理教校

教えを学び、道を求める

TENRIKYOKO
since 1900

天理教校の校舎

専修科

おつとめと基本教理の修得

教理を基本から学びつつ、おてふりや鳴物、祭儀式などのおつとめに関する実技を修得します。詰所を住まいとし、おぢばでのひのきしんをとおして神一条の信仰を身につけ、各自の信仰信念を培います。

修了時に得られる資格
2年次修了 教人登録が可能
      教会長資格検定講習会の受講資格

特徴

講義内容

原典や教典、教祖伝などによって教理を学び、教えに基づいた思案ができる心を養います。また、おつとめに関する実技を基礎から学び、教会のおつとめを担う人材として育つことを目指します。

ひのきしんをとおしてぢばへ伏せこむ

平素からひのきしんに励むのはもちろんのこと、本部月次祭では駐車場や炊事本部などさまざまな場所でひのきしんをつとめます。さらに、おぢばで開催される行事でのひのきしんをとおして、ぢばへ伏せ込みます。

自主的な活動の「養心会」

学生による自主的な活動として「養心会」があります。「養心会」は8つの班に分かれており、布教や雅楽、縦の伝道など、それぞれ特色を活かした活動をとおし、心を養いつつ教会活動に役立つ力を身につけます。

カリキュラムの一部ご紹介

みかぐらうた講義

「みかぐらうた」の概略を学びます。各下りのおうたの流れやそこに込められた親神様、教祖の思召をたずねます。

なりもの(小鼓)

男鳴物の講義では、打ち物だけでなく、笛や小鼓も基本から学びます。その中でも小鼓では、一人で組み立てられるようになるまで修得します。

月次祭まなび

おてふり、鳴物、祭儀式の修得に加え、調饌やおつとめ衣の着付けなど、おつとめに関する実技を幅広く修得します。練習を重ね、実際に月次祭まなびをおこないます。

実習

月次祭やおぢばで開催されるさまざまな行事でひのきしんに励み、ぢばに伏せ込みます。輸送部実習では、元気な挨拶と笑顔を心がけて、交通誘導にあたります。

養心会

学生の自主的な活動の場として、8つの班からなる「養心会」があります。雅楽班では、楽器ごとに経験に応じて練習し、一手一つに合わせる心を養います。

講義科目

  • • おふでさき
  • • みかぐらうた
  • • おさしづ
  • • 教典
  • • 教祖伝
  • • 天理教史
  • • 逸話篇
  • • 伝道史
  • • 先人列伝
  • • 教義研究演習
  • • 信仰問答
  • • 他宗教概要
  • • 海外伝道事情
  • • 布教関連実技
  • • 教話演習
  • • おてふり
  • • なりもの
  • • 地方
  • • 祭儀式 ほか

卒業生の声

たすけあうことや心をそろえることの大切さを学びました。

立教181年3月卒業  池 実里さん

私は教会で生まれ育ち、地元の高校を経て、おやさとで学ぼうと専修科への進学を希望しました。入学以前から教えや鳴物にも触れてきましたが、専修科で改めて教理や実技を学び、自分の信仰の糧となりました。また、人のことを我がこととして考え行動することをとおし、たすけあうことや心をそろえることの大切さを学びました。